エステサロンと美容外科など専門の医療施設。
このどちらでも、レーザーを使った永久脱毛を受けることができます。
では、両方の違いは何処にあるのでしょう?

エステサロンと医療施設で行われている脱毛方法の大きな違いは、使用されるレーザーの出力にあります。
どちらもレーザー脱毛となりますので、あまり違いがないように思えるのですが、エステサロンは医療機関ではなく、医療行為を行うことはできません。そのため施術の内容に制限ができてしまい、レーザーの出力にも上限が設けられてしまうのです。
一方、医療施設は基本的に患者の治療を目的としていますので医療用の電気機器を使うことができます。それはレーザー脱毛器においても例外ではなく、高出力の設定でレーザー脱毛が行える、医療用レーザー脱毛器を使って施術を行うことができるのです。
その他にも大きな違いがあります。

レーザー脱毛は皮膚の下に隠れている毛根部分や毛母細胞に高出力のレーザーを照射して脱毛を行っていくというやり方です。
基本的には皮膚の表面に影響がでることはないと言われていますが、それでもヤケドや皮膚が赤くなるといったトラブルが起きることもあります。
そんな時にちゃんとした対処が行えるかどうかの違いがあります。医療機関でトラブルが起こった場合は、専門の機関ですので適切な処置を行ってもらえるはずです。
大事な素肌に何度もレーザーを照射していくわけですから、「私には万が一のトラブルが起きるなんてことはない」と他人事のように考えるのではなく、きちんとケアをしてもらえる場所で脱毛を行うようにしましょう。
しかしながら、エステサロンだからといってケアがいい加減であるというわけではありません。
医療機関とくらべるとレーザーの出力こそ低くはありますが、施術を受ける人の身になって親切丁寧な施術を行ってくれるエステサロンもたくさんあるのです。
それでは、エステサロンと医療機関、どちらでレーザー脱毛を行う方が良いのでしょうか?
エステサロンの良いところは、低料金のプランが用意されている場合も多く、気軽に利用できるところにあるでしょう。
医療機関の良いところは高出力のレーザーを使うため得られる効果が高く、適切な処置を施してもらえるところです。
しかし両方に言えることなのですが、どちらの場合も「信頼のおけるところでの施術」を前提としています。
施術前のカウンセリングは丁寧か。

料金プランは明確に表示されているか。
脱毛スケジュールを患者の立場にたって組み上げてくれるか。
施術後のお肌の状態やケア方法、さらにはデメリットや危険性の説明があるかどうか。
最初の段階でこれらのことを考えながら相談し、もし少しでも不安が残るようなら脱毛を行うことを見合わせた方が良いといえます。
自分の素肌にレーザーを当てて行う脱毛ですので、自らが納得できる施設で安心して脱毛の施術を受け、美しい肌を手に入れるようにしたいものです。